養の食のこだわり

アニマルウェルフェア

 

耳慣れない言葉かもしれませんが日本語では動物福祉などと訳されます。

生まれてから死をむかえるまでのあいだストレスを少なく欲求の満たされた健康的な飼育環境を目指す考え方です。

残念なことに日本では世界的にみてもこの意識が低いのが現状です。

私たちは他の命をいただいて自らの命をつないでいます。

その命を大切に育てることは私たちの使命とも言えます。

どの動物も愛情を注がれ、自然のなかで、欲求の満たされた環境で生きること。

それはエネルギーとなり、栄養として蓄えられます。

それは循環し、私たちの栄養となり、自分の一部になります。

養の活動ではこのような思いから、使用する動物性のものはアニマルウェルフェアのもと育てられた酪農家さんより仕入れます。


無農薬

 

養のワークでは無農薬で育てられた材料を仕入れます。

現代なかなか手に入りにくくなってしまいましたが、ですが今でもなお手間暇をたっぷりとかけ自然のなかで育てられた野菜や果物だちがいます。

収穫して土をはたけばすぐ食べられる新鮮さと安心さ。

日本の農業の素晴らしさや知恵を、こうした形で皆様にもお伝えできればと思っています。